性病について

性病とは?

性病とは広義には淋病・クラミジア・カンジダからエイズやヘルペスまで、性的な接触によって感染する感染症全般を指すように使われていますが、正確には1945年性病予防法で定められた淋病(りんびょう)、梅毒(ばいどく)、軟性下疳(なんせいげかん)、鼠径リンパ腫(そけいりんぱしゅ)の4つの疾患をいいます。古くは性病を花柳病(かりゅうびょう)とも呼びました。感染経路は性的接触や輸血など医療行為、注射器の使いまわしによる血液感染。感染部位は性器内部、性器周辺、口腔、喉など。

これらの疾患は細菌によるもので、近年は減少傾向にあります。上記の細菌性疾患である性病に代わって増加傾向にある疾患がヘルペス・クラミジア・カンジダ・トリコモナス・コンジローマなどの性感染症です。

現在では性病という言葉に代わってもっと広い意味での「性感染症」という言葉が広く使われています。

性病とは?

性感染症とは?

性感染症はヘルペス・クラミジア・カンジダ・コンジローマ・HIVなどでウイルスやカビ・微生物などが原因です。性感染症は性病とは違って症状が分かりづらいので自覚症状無くパートナーに感染させてしまうことや、治療が遅れることにより病状が進行し、不妊になってしまうこともあるのです。もし、性感染症に感染してしまったら自分一人で治療するのではなく、パートナーとともに治療をしましょう。パートナーが感染した状態で自分だけ治療をしても、バートナーとの接触により再び性感染症になってしまうピンポン感染にも注意です。

性感染症は本来性病とは呼べませんが、性病と合わせて性接触で感染するすべての疾患を性感染症やSTD(STD{Sexually Transmitted Disease})と呼ぶことが一般的です。

性病とは?

性感染症の増加

ヘルペスの再発やクラミジア・カンジダなどは比較的症状が軽く自覚しづらいですが、これらの疾患でも粘膜に傷がついていると他の性感染症の感染率が4〜6倍に高まると言われています。皮膚のバリア機能が無いために、粘膜の傷から細菌やウイルスが容易に体内に侵入してしますためです。症状が軽くても完全に症状が治まるまでは性的な接触は避けましょう。

検査キットの購入はこちら

電話でのお問い合わせ時間は平日AM10:00〜PM5:30となっております。

インターネットでのお問い合わせはこちらをクリック


※土・日・祝日は休業いたしております。
(休業日にいただきましたお問い合わせについては営業日より順次お返事させていただきます)