亀頭包皮炎

●亀頭包皮炎は男性特有の病気。
●包茎の男性に多く発生。亀頭や包皮が赤く腫れ、痛みを感じる病気。
●一般的には性感染症ではありません。

男性特有の病気であり、その中でも包茎の人がかかりやすいといわれています。
亀頭包皮炎は亀頭が赤く腫れる病気です。 セックス、フェラチオやオナニーなどで、亀頭や包皮に小さな傷ができ、そこから雑菌などが感染しておこる炎症です。
また、女性から淋菌やカンジダが感染することによって、症状が出ることもあります。

男性の発症箇所
●男性の主な症状
・赤くなる
・腫れ
・軽い痛み
・かゆみ
症状はどんな菌が取り付くかで変わってきます。

重い症状に発展した場合は潰瘍になったり鼠径部リンパ腺もはれてきて発熱に至る事もあり、甘くはみれない炎症です。
また、尿道狭窄になり、排尿に支障をきたすようになったり閉塞性乾燥性亀頭炎・二次的真性包茎・陰茎癌にかかる可能性が高くなります。

包茎の人は衛生面の問題で亀頭包皮炎になりやすい

包茎であると包皮の内側に恥垢という垢がたまりやすく、それが尿で汚染されて不衛生となり、細菌が感染しやすくなります。また亀頭に傷がある状態で性交渉して相手の膣内から細菌、病原菌に感染する場合もあります。

感染してしまったら・・・

自覚症状がある場合は、早期に医療機関へ行くことをお勧めします。

※亀頭包皮炎をお調べする検査キットは弊社にはございません。

医療機関を受診するにあたって

もしも感染してしまったら、早期発見・早期治療をすることが大切です。症状が軽いからと軽視して受診せず、病状を悪化させてしまい、さらには他の方に感染させることは避けなければいけません。

泌尿器科で治療を受けます。

治療方法

無理の無い範囲で包皮をむいて、膿を出し消毒した後で抗菌薬の軟膏を塗り、抗生物質を服用します。症状によっては消炎鎮痛薬を併用します。

治療方法

予防しましょう!

身体を清潔に保つ、性交渉の時には予防策として、コンドームの着用。
再発予防には、包茎を手術するのがよいでしょう。とくに真性包茎や再発をくり返す場合には、積極的に手術するのがよいと考えられます。

性病を予防するには?ページへ

検査キットの購入はこちら

電話でのお問い合わせ時間は平日AM10:00〜PM5:30となっております。

インターネットでのお問い合わせはこちらをクリック


※土・日・祝日は休業いたしております。
(休業日にいただきましたお問い合わせについては営業日より順次お返事させていただきます)