MENU
横浜市に登録の衛生検査所 登録番号第8030号 自社ラボで検査を実施しています。医療機器製造業登録番号 14BZ200306 第二種医療機器製造販売業許可番号 14B2X10048
創業19年の実績は信頼の証。自宅で検査、匿名検査も可能!15時までのご注文は即日発送!
横浜市に登録の衛生検査所 登録番号第8030号 自社ラボで検査を実施しています。
医療機器製造業登録番号 14BZ200306 第二種医療機器製造販売業許可番号 14B2X10048
軟性下疳(なんせいげかん)
どんな病気なの?
軟性下疳は男女ともに、性器に豆粒程のコブができ、つぶれて痛みの強い潰瘍になります。股間部のリンパ節に膿がたまり、腫れてきます。感染後比較的早く痛みなどの自覚症状が出るため、自分が感染する前に病気に気づく場合がほとんどです。
軟性下疳の潜伏期間は、数日~1週間と比較的早く症状が表れてきます。症状として男女ともに性器部に豆粒ぐらいのコブを形成し、痛みを伴います。
コブが拡大して潰瘍になり、患部には強い痛みが表れます。初期状態のコブも軽く引っかく程度でつぶれやすいです。悪化するとつぶれた患部同士が広がり潰瘍がどんどん拡大していきます。
性的接触、特にコブがつぶれた後の幹部に触れると感染してしまいます。海外での感染がほとんどですので、海外出張や旅行時に注意が必要です。口内に症状が出る場合は小さな潰瘍になります。
軟性下疳菌によって起こる性病
性器に豆粒程のコブができ、つぶれると強く痛む
現在、海外での感染がほとんどで、日本国内での感染は少ない
女性の主な症状
陰唇や腟前庭に、大豆くらいの大きさの潰瘍が数個発生
男性の主な症状
ペニスの冠状溝、亀頭溝付近や包皮の内側に、大豆くらいの大きさの潰瘍が数個発生
のどの症状
口腔内に小さな潰瘍が発生
感染してしまったら…
もしも感染してしまったら、早期発見・早期治療をすることが大切です。症状が軽いからと軽視して受診せず、病状を悪化させてしまい、さらには他の方に感染させることは避けなければいけません。感染日から2~3日で検査可能ですが、発症まで1~3週間かかります。コブのような症状や強い痛みがある場合は、早期に医療機関へ行くことをお勧めします。パートナーと一緒に感染している場合が多く見られるので、二人一緒に受診・治療をする必要があります。
また、感染しているかもしれないという不安があるけれど、医療機関を受診する時間や受診に抵抗がある方は、自宅で検査することも可能です。その際もパートナーも一緒に検査することが望ましいです。
男性は泌尿器科・性病科・皮膚科、女性は婦人科(産婦人科)・性病科・皮膚科を受診、咽頭感染の場合は耳鼻咽頭科を受診してください。
協力病院ご案内
検査の流れと治療方法
抗菌薬の内服や筋肉注射を行う。皮膚の潰瘍部分には、抗菌薬の軟膏を塗って治療します。化膿している場合は切開して膿を出す。
検査の流れと治療方法
軟性下疳は感染予防と早期発見・治療が重要です
軟性下疳の予防にはコンドームの使用が有効です。コンドームの着用は、軟性下疳の予防に効果的です。軟性下疳の病変部をコンドームで覆えば、軟性下疳菌の接触が避けられます。コンドームは、膣性交だけでなく、アナルセックスやオーラルセックスなど、あらゆる行為において軟性下疳の予防になります。また、軟性下疳に感染する可能性がある国や地域では、現地の性風俗産業を利用しないようにしましょう。軟性下疳は病変部がわかりやすいため、性行為の前にしっかりと相手の性器を確認しましょう。
購入前から購入後まで
しっかりサポートしております。
インターネット販売の不安は、安心の電話サポートで解決してください。
ふじメディカルでは、創業19年間、ご利用者さまの気持ちによりそって
丁寧にサポートさせていただいております。
購入前の不安も、購入後の心配も全て私たちにご相談ください。
なかなか人に言いづらい悩みだからこそ、あなたの不安に寄り添います。
※お電話でのお問い合わせ時間は平日10:00~17:20となっております。
045-342-8879
メールでのお問合わせはコチラ
※土・日・祝日のお問い合わせの返信は翌営業日となります
検査キット
不安に合わせて選びやすいよう
単品だけでなくセットもあります
症状やご予算に合わせて、ふじメディカルでは様々なセットをご用意しております。どのタイプを選んだらよいのかは、症状なども参考にしてみてください。各商品ページに、思い当たる症状について記載があります。
また、主要なもの全てを一度に検査したい方のためには9項目セットやのど用とのセットもございます。